2008年6月24日号 Vol.6
毎月1回発行
ita-netの黒澤です。皆さんお元気でいらっしゃいますか?
いよいよ夏も本番ですね。7月〜9月に夏休みをとられる方が多いと思います。旅行に出かける方、自宅でのんびりなさる方、様々なお休みの過ごし方があると思いますが、ホリデー中こそネット三昧、という方は多いかと思います。楽しみながらパソコンに触る時期にトラブルに見舞われたりしたら、せっかくのお休みもストレスがたまって終ってしまいます。人間には夏休み、パソコンにはいたわりのメンテナンスが必要です。今月から2回に分けて、「パソコンQ&A」でメンテナンスにまつわるお話を掲載いたします。皆様の大切なパソコンを長く使っていただくための参考にしていただけましたら幸いです。夏の花・ひまわりのように、今月もita-netは大きな笑顔で皆様のご連絡をお待ちしております!
「Macのこんな使い方、ご存知でしたか?」
 Mac1台でWindowsも楽しめる優れもののご紹介です。
今月のおすすめ商品です。
iMac 20-inch: 2.4GHz (Dual Boot with Windows XP Professional)

最近、私、白パソはMacとWindowsの使い分けをしています。
「なぜって?」
それはMacのほうがウィルス等に感染する確率が低いからです。オンラインショッピング等のカード決済をする時やYouTubeなどからファイルをダウンロードする際はMacを利用しています。
Windowsも使いたい、でも安全性も考慮したいとい方にはうってつけの1台です。価格はちょっと高いと思われるかもしれませんが、PC2台分と考えるとお買い得です。
近々、ita-net内にデモ機を用意します。一度オフィスに遊びにいらしてください。

<商品詳細>
iMac 20-inch: 2.4GHz (Dual Boot with Windows XP Professional)
2.4GHz Intel Core 2 Duo
1GB memory
250GB hard drive
8x double-layer SuperDrive
ATI Radeon HD 2400 XT with 128MB
Mac OS X v10.5 Leopard
Windows XP Professional JP configuration

£ 880+VAT
Windows Vistaの評価は?
「パソコンが壊れてしまいました。現在、買い替えを考えていますがWindows Vista はどうでしょうか?いろんな評判を聞きますが、本当のところを教えてください」。(40代、駐在員)
<Windows XP の販売終了。壊れる前の対策が大切です。>

「パソコンの寿命はどれくらい?」と多くの方に聞かれます。

長く持つものもあれば、初期不良で1年ちょっとで壊れてしまうケースもありますが、我々の経験上、3年から4年にかけてハードディスク(データがたまる機械です)が壊れてくるようです。

そこで皆さんは「もう壊れた」、「買い替えだ」と思われがちですがそうではありません。ハードディスクが壊れてもその部分を交換してあげれば更に3年から4年は元気に動いてくれるのです。

今回、Windows XP の販売終了に併せて皆様からよくお問い合わせのあるVistaの件を絡めてお話したいと思います。ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが今月の末(6月30日)をもって個人向けのXPの販売が終了します(サポート期間は2014年4月まで)。ただこれも多くの方が延長を望まれているためサポート期間を延ばしただけで本当のところは我々もわかりません。
となるとやはりWindows Vistaの買い替えかと思われますが、困ったことにこのVista、正直評判がよくありません。実際に使われている方や多くの評論家の意見を参考にすると「もう少しXPを使い続けては?」との声が多く聞かれます。

お問い合わせやita-netに持ち込まれる方で以下のようなものがあります。
1) XPと違って使いにくい。インターフェイスが変わってしまったので、新たに覚えなくてはならない。
2) 今まで使えていた機器・ソフトが使えない。各メーカーのアップデートをしてあげないと使えないものもあります。
3) 急にUSBメモリーが使えなくなったり、インターネットにつながらなくなりメーカーに相談したら初期化をしてくださいといわれた。
等々…です。

これはMicrosoftの歴史上、何もVistaに限ったことではありませんが、発売から1年以上経過した現在もあまり良い話を聞かないのが現状のようです。
そこで我々がお勧めできるのは「もう少しPCを大切に使ってあげませんか?」というご提案です。

買い換えるのは簡単ですが、皆さんのためにがんばってきたPCです。このPCのおかげで皆さんはたくさんの恩恵を受けたはず。ということで我々は今のPCを1日でも長くお付き合いできる方法をご提案します。
人間の体と同様、PCも健康診断やメンテナンスが必要です。皆さんもご自身のご褒美に温泉に行ったり車であればオイルを買えたりとお金をかけたりされると思いますが、PCに限ってはあまり気にかけていらっしゃらない方が多いのではないでしょうか?PCも長く使っているとソフトの面、ハードの面でごみがたまってきます。例えば1度もメンテナンスしないで使っていると、買った当初よりもだんだん起動が遅くなった経験はありませんか? これはソフトをインストールする度に、それぞれのソフトがスタート時に起動するものですから当然パソコンが使えるようになるまでに時間がかかります。これはソフトの話。
ではメンテナンスをしているのに起動が遅いのはなぜでしょうか。電源を入れてから完全に立ち上がるまで、下手をするとお茶を準備して待つほど時間がかかってしまうものもあるほどです。これは冒頭にありましたデータがたまる機器が弱っている可能性が大です。ではソフト・ハードの面でどのようにメンテナンスをしたらよいのでしょうか?
次回具体的な方法をお話したいと思います。ぜひ読んで参考になさってください。

「旅好き」鈴木が、旅のヒントを語ります。
- 着陸許可までの空中旋回 (A Racetrack Holding Pattern) -

皆さんこんにちは。旅が大好きな、モバイル担当の鈴木です。

月に1度は短距離便を利用するこの頃ですが、まもなくロンドンという辺りで、旋回しながら何十分も待たされる・・・ということがよくあります。私は、いつもこの時間に「あること」を想像しては苛立ちを治めています。

飛行機が“市街地”上空を飛ぶ際は、高度1,000フィート以上を保たなければならないため、ロンドンで引っ切り無しに見かける飛行機たちの高度はそれぐらいなのでしょうが、飛行中の通常の高度は40,000フィートあたりを飛んでいるそうです。

ロンドンの手前(テムズ河河口付近)の上空で待機する場合、飛行機たちは、高さ1,000フィート単位で10層のホールディング・パターンを形成しています。一番高いところにいる飛行機は高度10,000フィートを時計回りにくるくる旋回することになります。

管制官からの指示で、一番下を旋回していた飛行機が着陸態勢に入り、ロンドン上空に向かいますが、同時に、他の飛行機たちは一斉に1,000フィート下がります。従って、前の飛行機が残していった線(飛行機雲)を、旋回中によく見かけるわけですが。

想像してみてください。最高で10機がスパイラル状に高度を下げ、定位置に着く様を・・・美しい! (1,000フィート下げる所要時間は1分) 因に、旋回は、2分直進、角度を右に変えて1分直進、角度を右に変えて2分直進、角度を右に変えて1分直進、もとの位置に戻ります(一周6分)。正確には、時計回りに(角の丸い)長方形を描いて回っていることになります。

私の最高待機時間は、只今のところ約45分間。短気なところのある私ですが、“なぜ?” “どういうこと?”という理由を知ると、意外と納得し、楽しめるようです。

今日もロンドンの空を飛行機が行きかっていますね。
ita-netの黒澤です。
夏至を過ぎました。これから冬至までは日一日と「昼間が短くなる」、うーん言い換えましょう、「夜が長くなる」。身の回りで起きるいいニュースの数々、ありがたやありがたや。「日々是好日」。
ita-netの白浜です。
パソコンは生き物です、といったら皆さん信じますか?試しに「今日もありがとう」と言ってみてください。明日もきっと元気に動いてくれるはずです。それでもご機嫌斜めな場合には一度ご連絡ください。
ita-netの二宮です。
パソコンが好きでこの仕事に没頭している日々です。お客様から勉強させられる事も多いですが これからも精一杯、技術を高めてお客様の役に立ちたいと思います。
ita-netの樋口です。
電話での応対をさせていただいております。皆様のお悩み・ご相談に親身になれるような対応を心がけております!皆様からのご連絡をお待ちしております。
ita-netの鈴木です。
(モバイル担当)
目まぐるしい世の中の変化に“10年ひと昔”という言葉が懐かしくなりました。モバイルは先月のことが“ひと昔”。付いていけないぞ!という時はお気軽にご相談ください。
ita-netの
ウィリアムズです。

(モバイル担当)
Pushing Up DaisiesというTV番組知っていますか?僕もモバイルなら復活させることが出来ます!皆様に最良の商品をご提供できるよう日々研鑽を重ねています。何でもお尋ね下さい。
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:0

ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.