2010年2月23日号 Vol.26
毎月1回発行

ita-netの黒澤です。皆さん、いかがお過ごしですか?ついに冬季オリンピックがバンクーバで始まりました。テレビの前で選手を応援している方がたくさんいるのではないでしょうか?オリンピックを見るたびに、選手の方々の素晴らしい競技と選手一人一人の力強さに感動します。一つの目標に向かって、ひたすら努力を惜しまない姿は人の心を動かします。私も、一人でも多くの方に、ITサポートを通して役に立つ、そして感謝される。この目標に向かって日々努力していきたいと改め思いました。ちょっとしたパソコンや携帯電話などの悩み、新製品の最新情報、その他、質問などがありましたらお気軽にご連絡ください。

スクリーンを保護する以外の機能も持った携帯電話用スクリーンプロテクター!
マーティン・フィールド スクリーンプロテクター/ FoliX
FX-ミラー スクリーン プロテクター
BlackBerry 9700 Bold2
BlackBerry 9700 Bold2
マーティン・フィールド スクリーンプロテクター £12.99inc.VAT
長時間、携帯電話でのEmail、Web閲覧をされる方にお勧めのスクリーンプロテクターです。アンチグレア処理が施されていますので、太陽光や蛍光灯などの反射・映り込みを軽減し、画面を見やすくします。また、LCDディスプレーから放射される紫外線を、99%遮断、眼への負担を軽減いたします。厚さ:02mm,光透過率90%と光学製品にも使用できる性能を有している本製品はスクリーン部、デジタルカメラレンズ部、フラッシュ部のプロテクターシートがセットになっています。 (Nokia E71など機種によってはスクリーン部、レンズ部のみとなります) もちろん、キズや汚れから画面をしっかり保護し、シートの汚れが目立ってきたら洗浄して貼りなおすことも可能ですので携帯電話の液晶画面をいつまでもきれいに保ちたい方にもお勧めです。
BlackBerry Storm 9500
FoliX FX-ミラー スクリーン プロテクター £6.99
スクリーンがONになっている時は通常のスクリーンプロテクター、スクリーンがOFFの状態ですと、ミラーになります。キズや汚れから画面をしっかり保護し、シートの汚れが目立ってきたら洗浄して貼りなおすことも可能ですので携帯電話の液晶画面をいつまでもきれいに保ちます。

上記2商品 :BlackBerry Bold 9700, BlackBerry Bold 9000. Nokia E71、その他、タッチスクリーン機種など様々な機種用をご用意可能でございます。お気軽にお尋ねください。
パソコンを購入してから2年が経ちましたが、今までに様々な問題が起こりました。パソコンと上手に付き合う方法を教えてください。
日頃お世話になっているパソコンですが、自分の思った通りに動いてくれない時は、イライラしたり何度もクリックしたりと日々様々です。そういえば皆さん、こんな経験はありませんか?昔、自分が病気になった時、日頃うるさい母親がやけに優しかった記憶です。
もしかしましたら、パソコンも皆さんに優しく構ってほしくて問題を起こしているのかもしれません。そんなサインを見逃していませんか?問題が起こった時は、いらいらするのではなく「そうか、そうか構ってほしいのか。」そんな風にとらえてはいかがでしょうか。

今回は、「こんな時はどうするの?」をテーマに解決法をお伝えしたいと思います。ところどころ我が家の愛犬が登場してまいります。

私の実家の柴犬は、本当に人を良く見ているなと感心することがあります。 大概ペットを飼ってくるのは兄の役目です(家に帰るといきなり家族が増えています。過去の経歴は柴犬1→柴犬2→リスザル1→リスザル2です)。犬の苦手な母は、ご飯をあげる係です。そして兄から見放されたペットたちは、父と私が散歩やお世話をします。従って兄には餌をもらう以外は寄り付きません。ちなみに姉はしつけ係です。そんな愛犬は母が散歩に行こうと言っても見向きもしません。姉を見ると素直な良い子に戻ります。人に構ってほしくて、ありとあらゆる方法を考えているのが微笑ましくてしょうがありません。

ではパソコンはと言いますと、 ひとつパソコンの「構ってもらいたい」を我々が選ぶ勝手な定義ですが
1.あまり何回もクリックしないでほしい
パソコンの言い分「今やっているよ」
2.奇麗に使ってほしい
パソコンの言い分「たまには掃除してよね。汚れたところでは、仕事はしたくないわ」
3.優しく扱ってほしい
パソコンの言い分「置く時、閉める時、もう少し丁寧に扱ってよね。私、 とっても繊細なんだから」
4.あまり詰め込まないでほしい
パソコンの言い分「何でもかんでもインストールしないでほしい。私にも嫌いなソフトだってあるんだから」
5.ありがとうと言ってほしい
パソコンの言い分「ありがとうって言ってくれたらもっと頑張るんだけどな」

この定義を読んで心当たりのある方は、パソコンではなくご自身が問題を起こしているかもしれません。では皆さんに起こりうるパソコンのトラブルを挙げていきます。

1.ノートパソコンが全く起動しない→まずは解放から始めましょう。
良くあるのが、環境を変えることでこのような現象が起こることがあります。 例えば旅行に持っていったり、飛行機から降りたら使えなかったりなどなど。その場合、まず電源・バッテリーを外し30分ほど置いておいてください。少し知識のある方は、メモリーも外してみてください。その後、電源コードだけで起動してみてください。これは一時電気を解放することで今まで抱えていた問題も一緒に吹き飛ばしてくれることがあるからです。きちんと起動することを確認して、電源を切りバッテリーを装着して電源を入れます。

2.フリーズしたとき→電源ボタンを10秒以上押す
フリーズした時、よく電源が切れませんという方がいますが、多くの方が電源を一度押して、すぐボタンを離してしまうからです。電源ボタンを10秒以上押し完全に電源が切れるまでご辛抱下さい。出来ましたら、電源がオフになった後も、30秒以上おいてから再度電源を入れるようにしてください。解放の状態を作ることで、以前抱えていた問題もどこかにいなくなってくれます。

3.パソコンの調子が悪いとき→再起動
これはどんな時でも最善の方法で、一番最初にやって頂きたい方法です。
例えば現代社会で、犬も相当ストレスがたまっているというニュースを見ることがあります。そこで飼い主さんは、あの手この手で愛犬を元気にしようと頑張ります。そのおかげで元のかわいい愛犬に戻ってくれるのですが、パソコンも一緒です。再起動することで抱えていた問題を解放することが出来ます。「困った時は再起動」これを心がけてください。

4.ノートパソコンの画面が薄くなったとき→他のモニターを接続してみる
パソコンを長く使っていますとあちらこちら不具合が出てきます。 我が家の愛犬もだんだん目が見えなくなってきたようです。そんな彼も目以外の方法で、何とか目的地にたどり着こうとします。幸いなことにパソコンは部品を交換することで、奇麗に表示されるようになります。
ただ、部品の入手が困難な場合もありますので、その際はとりあえずデスクトップで使われるモニターに接続してみてください。 もしきちんと表示されるようであれば、液晶を照射させる部品の寿命の可能性があります。もし、後1年くらい動いてくれればいいなと言うことであれば修理をするよりも廃棄処分にするようなモニターをもらってくることで、ことは十分足りそうです。

5.バッテリーに充電されないとき→アダプターの交換
実はパソコン本体自体が元気でも、電源コード類が調子悪い時があります。そうするとパソコンは、バッテリー(電池)を使おうとしますのでだんだん電池が無くなって、やがてパソコンが立ち上がらなくなります。ちょうど母親が病気になって愛犬に餌をあげられない状態です。アダプターは、交換することでパソコンも元気になりますので、お店の方に良く相談しパソコンにあったアダプターを購入するようにしてください。

6.突然電源が入らなくなったとき(その2)→バッテリーを外す→他の場所で試す→メーカーに相談
たまにですが、急に電源が入らなくなることがあります。どうやら電圧の影響によるものらしいのですが、我々も手に負えなくなるケースが殆どです。特にイギリスでは変なケースがありますので、メーカー保証を3年あたりに設定をされておくといいかもしれません。また同じ家でもコンセントの場所によっては、起動しないこともあります。ご自宅以外でも一度試されるのをお勧めします。

7.飲み物をこぼしてキーボードの入力が出来なくなったとき→USBキーボードを装着して試してみる
これは、人類永遠のテーマかもしれません。パソコンに飲み物をこぼしてお越しになる方が、後を絶たないからです。過去のメールマガジンにも書かせて頂きましたが、これはある意味運が付いて回ります。こぼした場所、飲み物の種類、自分ではなく、他人にこぼされた場合などなどです。もし暫く乾かせて起動した際、ピーという音が鳴るようであればキーボード、もしくは基盤の部分に影響が出ている可能性があります。
その場合は、外付けのキーボードを装着してもきちんと起動しない場合もありますので、なるべく早めに弊社にお持込みください。運がよろしければ、データの取り出しは可能かと思います。

8.インターネットにつながらない→機器類の再起動
これも良くある問題です。この原因の多くが、BTによるものと報告されています。BTラインを通してインターネットを接続している方は、ひたすら復旧するのを待ち続けるしかありません。原因がBTだとわかっているときは、その方法で構わないのですがそうではない場合、やはり原因の特定が必要になります。そのため、次の方法を試してみてください。
インターネットが出来なくなったとき
1. ルーターの電源を切る+10分後ルーターの電源をオンにする。次にパソコンを起動する。(既に起動している場合には再起動をしてください)もし、ルーターのランプにDSLもしくはADSLの表示があれば、そのランプが付いているかどうか確認してください。もしランプがオンであれば、BTやプロバイダーは大丈夫と言えます。もう一度ユーザー名やパスワードを入力することも一つの方法です。もし、ランプが付いていなければBTに問題があると考えられますので一度プロバイダーに電話して指示を仰いでください。大概は放っておけば自動的に復旧します。
2. ワイヤレスの場合はケーブルで試す。
もしワイヤレスでつながらなくなったらまずはケーブルで接続してみてください。それでインターネットが出来るようになれば無線の機器、もしくはご近所さんで何か電波の障害になることをされている可能性があります。
3. 他の場所で試す
前述しましたように問題が起こった際原因を特定するということがとても大事になってきます。ちょうど愛犬が病気になった時、あれこれ悩まず、まずはお医者さんに見て頂いた方が、はるかに心の負担が軽くなります。 パソコンの場合、放っておいて手遅れになることはまずありません。順を追って何が問題なのかを確認していくと、同じような問題が起こってもあわてることはなくなると思います。

9.CD/DVDが読まなくなったとき→他の機器で試す→外付けプレイヤーを試す。
パソコンの壊れる順序として2、3番目の実績があります。今まで見えていたDVDが読み込まなくなったり音楽が聞けなくなったりという現象があります。これも老朽化の現象で、このまま良くなることはありません。読めなくなったディスクに原因があるのかどうかまず他のPCで試してみてください。そこで問題ない場合、やはりPCの機器自体に問題があると言えます。どうしてもパソコンでDVDの観賞やCDを聞かれたい方は、内蔵のドライブを交換するか(弊社で対応可能です)パソコンショップで外付けのCD/DVDドライブを購入し、USBで接続してください。今まで通り楽しむことが出来るようになります。

10.音が出ない/画面が奇麗に表示されない→デバイスマネージャーのチェック
皆様が陥る問題として、本来使うファイルソフトを削除してしまったケースがあります。例えば音が出ない、画面が奇麗に表示されないなどの問題です。この場合、全ての機器類を管理しているデバイスマネージャーに行って、エクスクラメーションマークがないかチェックしてください。(XPの場合 スタート→コントロールパネル→システム→ハードウェア→デバイスマネージャー)もし何か見つかった場合、ソフト類を再インストールする必要があります。ただこれは難しい場合も多いので、ご自身で無理だなと思われたら早めにお持込みください。

11.突然シャットダウンする→ファンが回っているかチェック→スプレーで掃除
やはり長年使われているパソコンに多いのですが、使用中に突然シャットダウンすることがあります。これはパソコンを冷やすためにあるファンがごみなどの影響でうまく回らず安全のためパソコンが自動的にシャットダウンするものです。そこで、一度空気の出口(図4)に手を当てて熱い空気が出ているかチェックしてください。※起動してからすぐには出てこないかもしれません もし出ていないようでしたら、エアースプレーを使ってゴミを吹き飛ばしてください。そうすることで熱がこもらず、今まで通りご使用になれると思います。

またファンがうるさい、というご相談もよく聞かれます。デスクトップの場合、比較的簡単に交換できますが、ノートパソコンの場合そうはいきません。逆にこう考えてみるのも一つです。うるさい=きちんと回ってパソコンを守ってくれている。もちろん他の音が聞こえないくらいうるさいというのは問題ですが、そうでない場合は、すこし大目に見てあげてください。前述の我が家の愛犬も若い頃は、それはそれは、吠えまくっていました。我が家の坂を下ると消防署のため、夜中にサイレンが鳴れば「ウォー」、タクシーが停まれば「ウォー」、怪しい音がすれば「ウォー」とどれだけご近所に迷惑をかけたことだろうと思っていました。でもその愛犬も年をとって、すっかり静かになってしまいました。やはり普段あるものがなくなると、寂しいものですね。

12.自分で簡単なメンテナンスをしたい→ディスクチェック+デフラグ
http://www.ita-net.com/mailmag/mailmag_vol8.html
手順はこちらをご覧ください。パソコンを長持ちさせる秘訣は、適度なメンテナンスです。多すぎず少なすぎずやり続けることで、大きなトラブルを回避することができます。

結局のところ、パソコンと長く付き合うためにはまずはシンプルに使うこと、 奇麗に使うこと、そして思いやりを持って使うこと。 こう考えるとパソコだけのことではないかもしれません。我々を取り巻くものすべてに当てはまりそうです。最近は一人一台パソコンを持つことが当たり前になってきました。昔では考えられなかったものです。そのなくてはならないパソコンを通して現代人は、ものを大切にする心を教えられているのかもしれません。

モバイル担当、鈴木のあの有名な地図 'A to Z'の意外な生みの親のお話です。
ita-netへお越しになる方への道順のご説明はもちろん、日頃、地図と向き合うことが多い、鈴木です。英国生活必需品というべき地図。それは、Geographers' A-Z Map Co. Ltd から出版されている 'A to Z'。実際には、street map ukで手軽にインターネット検索してしまう頻度の方が高いのですが、それでもこの地図は手放せません。英国の街を歩く時、一番大切なのは、ご存じ、通りの名前です。日本のように、地名で地区を特定し、後は番地を頼りにその辺りを探しまわる方式ではないので、英国は目的の住所に辿り着くのが容易な国ですよね。今では、全国規模のA to Zに発展しましたが、オリジナルは 'London A to Z'。当時28歳という若さの、たった一人の女性の根気強い行動により誕生した地図です(1936年)。1935年、彼女は、毎日朝5時に起き、1日18時間歩いて、ロンドンを総計3000マイル(約4800キロ)を徒歩で踏破して、2万3千もの街路について調べ上げ、ついに、最初の正確で完全なロンドン・ストリート・ガイドを製作します。この偉業を成し遂げた女性の名は、フィリス・ピアサル(Phyllis Pearsall, 1906-1996)。行政ですらきちんと把握していないロンドンの全ての道を、28歳の普通の女性がアマチュアリズムで成し遂げてしまったわけです。彼女をそうさせたのは、いった何だったのでしょうか。最近は、こんな根性話に憧れます。
ita-netの黒澤です。
先月の寒波に比べれば暖かい今日この頃ですが、まだまだ冬らしいお天気です。立春も過ぎましたし春はもうすぐそこと思いたいものです。先日娘と一緒にNational Galleryへ行ってきました。既に学校の課外授業で参観したことがあるらしく、彼女のお目当ては、どうやら売店でのお買い物でした。「また行こうね」と言われてまんざらでもなかったのですが、この先あとどのくらいデートをしてくれるのか、とふと考えてしまいました。できることは、今の(できる)うちにしておかなければいけませんね。
ita-netの白浜です。
パソコンは生き物です、といったら皆さん信じますか?試しに「今日もありがとう」と言ってみてください。明日もきっと元気に動いてくれるはずです。それでもご機嫌斜めな場合には一度ご連絡ください。
ita-netの二宮です。
パソコンが好きでこの仕事に没頭している日々です。お客様から勉強させられる事も多いですがこれからも精一杯、技術を高めてお客様の役に立ちたいと思います。
ita-netの樋口です。
電話での応対をさせていただいております。皆様のお悩み・ご相談に親身になれるような対応を心がけております!皆様からのご連絡をお待ちしております。
ita-netの鈴木です。
(モバイル担当)
目まぐるしい世の中の変化に“10年ひと昔”という言葉が懐かしくなりました。モバイルは先月のことが“ひと昔”。付いていけないぞ!という時はお気軽にご相談ください。
ita-netの築地です。
(モバイル担当)
携帯電話でインターネット、日本語での文字のやり取り、 日本では当たり前にできていたことが、英国でもできる便利な時代になりました。 携帯電話の技術的なご相談はもちろん、経済的なプランのご相談、お気軽にお尋ねください。
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:0

ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.