2009年9月29日号 Vol.21
毎月1回発行
ita-netの黒澤です。皆様、お元気ですか?夏も終わり、ジャケットを着ないと肌寒い季節がやってきましたね。 「芸術の秋」ですが、最近デジタルカメラを持ち歩き写真を撮影している人をよく見かけるようになりました。 イギリスの街並みを写真におさめると、いつもとはまた違った街の一面が楽しめ面白いものです。 近年イギリスのほとんどの携帯電話がカメラ付きになり、しかもなかなかの高画質です。 携帯カメラを愛用していらっしゃる方には今月お勧めしているポラロイド・デジタル・インスタント・プリンターが大活躍すること 間違いなしです。携帯電話についているBluetoothを利用し、すぐその場でプリントアウトしてお友達や家族に プレゼントすることが出来ます。ita-netではこの他にもPCや携帯電話などについての最新情報を常にアップデートしておりますので、 ご興味のある方は是非ご連絡ください。
インクを必要としない手のひらサイズデジタルインスタントフォトプリンター

今月のおすすめ商品です。

ポラロイド・デジタル・インスタント・プリンター
+ ポラロイド・ゼロインク・フォトペーパー(70 枚パック)

£ 39.99 exc.VAT

インクカートリッジやインクリボンを使わずに4色フルカラー印刷を可能にした携帯性抜群のポケットサイズ。デジタルカメラや携帯電話のカメラで撮影した画像を、BluetoothかUSB接続で取り込みプリントアウトします。



ポラロイド・デジタル・インスタント・プリンター 仕様詳細:
外形寸法: 120 × 72 × 23.5mm
質量: 約227g (バッテリーを含む)
電源: 7.4V 450mAh リチウムイオンバッテリー
ACアダプター: 入力: AC100V 〜 240V / 出力: 9V
対応フォーマット: JPEG
接続: Bluetooth(Class2)OPP / PictBridge(USB 2.0 Type Aコネクタ)
印刷スピード: 約60秒/枚 ※印刷スピードや枚数は、データサイズや使用条件、使用環境などによって変わります。
用紙サイズ: 約49.8 × 76.2mm

ポラロイド・ゼロインク・フォトペーパー:
「ZINK™Zero Ink™ (ゼロインク) 」技術で作られた画期的な印画紙は、あらかじめシアン・イエロー・マジェンダの色要素から成る染料の結晶が、高分子保護膜で覆われています。印刷前の染料の結晶は無色なので、使用前の印刷紙は白色です。印画紙を加熱することで染料の結晶が溶け、デジタルイメージをその場で簡単に印刷します。しかも、現像時間は従来のインスタントフィルムよりも早くなりました。

詳しい製品情報はポラロイドのウェブサイト(www.polaroid.com/pogo)で閲覧可能です。

大人気商品ですので、お早めにご連絡ください!
<皆様が陥りやすいトラブル ベスト3>
「こんなはずじゃなかった!」なんていうキャッチフレーズ、昔流行ったような流行らなかったような。そんな思いをされたことはありませんか?もちろんパソコンでの話です。今月は、皆様からお寄せいただくご質問の中からトラブルベスト3、もといワースト3をご紹介したいと思います。

<Q1.水(紅茶、コーヒーなど)をこぼしてパソコンが動かなくなってしまいました!どうしたらいいですか?>
ご連絡を頂くたびに「あっ、このお客様も…」と思うことが多々あります。そしていつもの光景が思い浮かびます。

ノートパソコンのちょうどキーボードの隣、マグカップになみなみ注いだコーヒーやお茶、画面に集中しカップを上げようとしたその瞬間、何かの拍子に誤ってこぼしてしまう。その後はパニックになりどうしたらいいかわからず、とにかく拭くものを探しに走る、そうこうしているうちにパソコンの中にまで液体が入りパソコンから警告音が聞こえるか電源が切れるか(そういえば化粧品か何かの宣伝で女性が化粧液を顔にぬり込む際「しみこむ、しみこむ」と言われていたのを思い出します)、そのまま基盤(電子部品が組み込まれている大事なところです)まで浸透し最後は電源が入らなくなるケースです。

私の妻も同じことをやりました。何度も注意をしていたはずなのですが。「あれほど言ったのに」という失敗は人生だけではないようです。

さて話をもとに戻しますがパソコンにとっての大敵は水分と熱です。どういう形であれノートパソコンに液体をこぼすと運が悪ければ回線がショートし、液体が糖分を含んだものであった場合(水であるなら救いようがあるのですが)、基盤に付着し錆などの劣化を引き起こす可能性があります。
そこでこぼした際の対応ですが(これだけ多くの方がこぼされるということはパソコンの傍に飲み物を置くなというのは無理だと判断して申し上げます)、

1)無理に拭こうとせずまずは電源を切り(電源ボタンを押して強制終了します)、アダプターの等ケーブルをはずします。(その前にこぼしたショックから解放されるために深呼吸が必要ですね。余談ですが日本でスキューバーダイビングをしていた時のことです。その日は寒くガイドさんもいたためエアーのゲージを見ずに潜っていました。私の場合はその日が初めてのダイビング。ふと気がつくと呼吸が出来ないではないですか。多くの方はそこでパニックになるそうですが、私の場合前夜の飲み会が助けとなりました。実はその飲み会でインストラクターの方がエアーがなくなった体験談を話されていました。「ゲージがゼロになっても2回くらいは吸うことが出来る。」と。もしその話を聞いていなかったらパニックになっていたかもしれません。)

2)次にこぼした程度によりますが、中にまでしみこまないようにパソコンをひっくり返します。
この作業は賛否両論ありますがもしメーカーさんに修理をお願いすることになった時 キーボードだけを交換することになるのか(1万2、3千円から)基盤まで交換(7〜8万円)までになるのかの境になります。ちなみにこの話を聞かれたお客様で助かった方が数名います。


3)水分を十分拭き取りしっかりと乾燥させます。乾燥しきっていないうちに電源を入れると危険ですのでご注意ください。もし乾燥後にパソコンが立ちあがっても文字の入力が出来ない場合ですが、以下の方法で対応を試してみてください。
まず外付けのUSBキーボードを用意します。接続後パソコンを起動させます。恐らくこれで文字の入力はできるようになると思いますが、もしそれでも難しい場合は内蔵のキーボードをはずさなければなりません。これは少々難しいかもしれませんのでその際はお持込みください。

最後に子供のころよく避難訓練をやられたと思います。恐らく避難訓練をするだけでもその際パニックの度合いが違うと思います。一度こぼされたことを想定して試されてみてください。


<Q2.なんだかわからないのですが、ある日パソコンが起動しなくなってしまいました・・・>
皆様も経験があるかと思いますが、突然パソコンが動かなくなることがあります。暫く時間をおくことで変わることもありますが、その時心配になるのが保存しておいたデータです。家族や友達との写真、音楽、動画など長くためられたものであれば失われたら大変なことになります。

以前もお話ししましたがデータがたまる機器(ハードディスク)は消耗品です。人間と同じで働きすぎれば壊れますし突然動かなくなることもあります。
転ばぬ先の杖として「バックアップを!」と口を酸っぱくアドバイスをしますが、こちらもやはりご面倒な方が多いようです。最近はソフトを使って自動でバックアップする方法もありますが手軽にコストもかけずに行う方法もありますので一度トライしてみてください。

1)まずは外付けのハードディスクを用意しパソコンに接続します。
6月に発行したメールマガジンに参考商品があります。どれを買ったらわからない方は一度弊社にご相談ください。

2)XPをお使いの場合、マイコンピューターをダブルクリック→Cドライブをダブルクリック→Documents and Settings をダブルクリック、その中にあるご自身のアカウントをコピーします。このフォルダーの中には皆さんが保存された画像・文章・音楽・メール・お気に入りのファイルがすべて入っています。


3)次にコピーしたアカウントを接続した外付けのハードディスクに貼付けます。おおざっぱな方法ですが、これでパソコンが壊れても最悪の場合は脱することはできます。定期的にやられる場合は普通に上書きすればOKです。


<Q3.なんだかパソコンの画面に何か購入を進めるメッセージが出てくるんです。これって何ですか?>
最近、多くの方がウィルスの駆除でお越しになります。男性の方は昔も今も変わりませんが、最近の傾向としましてあまり多く使われない女性の方が増えています。

その原因として共通して言えるのが動画のサイトから何かをダウンロードされたケースです。よく「ウィルスソフトを入れていれば大丈夫ですか?」と質問を受けますが、ほとんどの場合ウィルスソフトをお持ちの方でも感染しています。

では「ウィルスソフトを入れていても意味がないのか?」というお話になりますが、そうではありません。きちんとパソコンを守ってくれてはいますが豚インフルエンザのように新しく出たものに対応するまでの時間がどうしても必要です。

少なくともパソコンを守るためにはウィルスソフトの導入とWindowsのアップデートが 必要になりますので頭の片隅に覚えておいてください。ちなみに我々の経験上、Yahoo やGoogleの検索、ニュースを見る、メールの送受信だけをやられている方はよっぽどのことがない限り感染しません。

しかしご家族で使われていたりするとなると他の方がどのように使用しているかどうかは知る由もありません。仮にウィルスに感染し修理に出したとしてもまた同じ結果になることもしばしばです。

そこで提案ですが新しいPCをもう一台購入されるのはいかがでしょうか?最近のPCは安いもので£200後半から手に入れることができます。そのPCで思う存分動画や普段見られないサイトに行かれて、もし問題が起こった際には購入時の状態に戻してしまえばいいわけです。購入時の状態に戻すには各メーカーによって異なりますが大概の場合起動時にあるキー(例えば0であったりF10であったりまちまちです)を押して後はその画面に従って数十分待つだけです。

こうすることでウィルスもいなくなりますし、また安心してネット生活を続けられるわけです。修理の費用と新PCのコストを考えますと修理の方が安い場合もありますが、お持込みになる手間や時間を考えますとどちらが安いか言えないこともあります。

以上が最近お持込みになられるお客様のベスト3でした。もしご自身に当てはまりそうなところがありましたらどうぞご注意ください。水、データのバックアップ、ウィルスどれも些細な気遣いで救うことができるものです。パソコンへの思いやりと感謝で未然にトラブルが防がれることを祈っています。
良きエンジニアであり良きパパである白パソが、最近の嬉しい発見!を語ります。
最近、よく「最近」という言葉を多く使うようになりました。そして最近気になるようになったのが「メタボ」という言葉です。日本では社会現象になっているようですが、私には全く関係ないという固定観念からそうした報道にも耳が向くこともありませんでした。

ところが数ヶ月前に40になると、自分の体の調子や体型に変化が現れているのに気づきました。今までの人生で体重が変わったことはありませんでした。しかし普通に履いていたズボンが何故かきつく感じられたのでした。

体重計で計ると体重自体は変わっていないので、「ということはおなかの部分が垂れてきたということか…」と触ってみますと確かにそんな感じです。

何だかとてもショックでした。そういえば30代の時に比べて肩が凝ったり、目が疲れたり、目覚めも以前ほどよくないような気がします。

最近(また最近です)、子どもの成長に気を取られて自分のことを振り返ることが少なくなっていましたが、まさにその機会を与えられたのではないかと思い始めました。

そこで一念発起して柔軟や腹筋、腕立てなど規則正しく始めたところ、何だか疲れかたが変わってきました。そして目覚まし時計が鳴る10分前に起きることも出来るようになったのです。

これもまたうれしい発見でした。これから過度な負担はかけられなくなりますが、適度な負担は必要なものなのですね。

素敵なおじさんになろう、そんなことを気づかせてくれる瞬間でした。
ita-netの黒澤です。
家族も無事一時帰国を終え戻ってきました。 娘は一回り大きくなっておりちょっと大人びたようです。来月はいよいよWindows 7の発売です。 個人的にもとても待ち望んでいた新しいOSですので楽しみです。秋の夜長パソコンやりすぎないよう気を付けねばなりませんね。
ita-netの白浜です。
パソコンは生き物です、といったら皆さん信じますか?試しに「今日もありがとう」と言ってみてください。明日もきっと元気に動いてくれるはずです。それでもご機嫌斜めな場合には一度ご連絡ください。
ita-netの二宮です。
パソコンが好きでこの仕事に没頭している日々です。お客様から勉強させられる事も多いですがこれからも精一杯、技術を高めてお客様の役に立ちたいと思います。
ita-netの樋口です。
電話での応対をさせていただいております。皆様のお悩み・ご相談に親身になれるような対応を心がけております!皆様からのご連絡をお待ちしております。
ita-netの鈴木です。
(モバイル担当)
目まぐるしい世の中の変化に“10年ひと昔”という言葉が懐かしくなりました。モバイルは先月のことが“ひと昔”。付いていけないぞ!という時はお気軽にご相談ください。
ita-netの築地です。
(モバイル担当)
携帯電話でインターネット、日本語での文字のやり取り、 日本では当たり前にできていたことが、英国でもできる便利な時代になりました。 携帯電話の技術的なご相談はもちろん、経済的なプランのご相談、お気軽にお尋ねください。
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:0

ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
ita-net MailMagazineの「バックナンバー」をご覧いただくには、こちらをクリックして下さい。
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.