2008年2月26日号 Vol.2
毎月1回発行
ita-netの黒澤です。毎日寒い日が続いていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?
寒い時こそ、「暖かい部屋でパソコンでのネットサーフィンが楽しい季節」とおっしゃる方も多く、それだけに故障も見つかりやすい時期です。
パソコンに何か違和感を感じたら、ぜひお気軽にご相談ください。
電話で解決できることも多々ありますよ。
データ保存の強い味方 Freecom DVD RW Recorder £49.99
今月のおすすめ商品です。

ハードディスクにたまっているデジカメ写真や音楽ファイル、万が一ハードディスクが故障した場合それらの大切なデータは消えてなくなってしまいます。備えあれば憂いなし、転ばぬ先の杖、そう大切なデータはバックアップのためにもVDにコピーしておけば心配ない。そこで今月は以下の商品のご紹介です。

Freecom DVD RW Recorder
USBタイプですのでほとんどのパソコンと問題なく接続できます。
以下の通りどんなタイプのメディアへも書き込みすることができます。

最高書き込み速度は:
書き換え不可メディアへの書き込み速度
CD Rom: 48倍速
DVD Rom: 20倍速(DVD+/-R)、8倍速(DVD+/-R DL)

書き換え可能メディアへの書き込み速度
CD Rom: 32倍速
DVD Rom: 6倍速(DVD-RW)、8倍速(DVD+RW)、12倍速(DVD-RAM)

£49.99 (42.54+VAT)(送料込み)
BlackBerryって何? −イギリス・携帯メール事情−
イギリスに来たばかりの頃、通常の携帯で日本語メールの読み書きが出来ないことに驚きました。最近、小さなキーボード付の大きめな携帯電話を使っている人を日常的に見るようになりBlackBerryと呼ばれているようですが、ほかのメーカーでも似たような携帯を目にします。BlackBerryとは何ですか?日本語を読み書きすることは出来ますか?
小さなキーボード付の大きめな携帯電話やメールアカウントを設定できる携帯を総称して「BlackBerry」と呼ばれることが多いのですが、BlackBerryはカナダのResearch In Motion社の携帯端末の商品名です。「BlackBerry」イコール「プッシュメール」というほど同義語化していますが、それもそのはず。BlackBerryの元々の開発は昔懐かしいポケベルの発展系なのです。携帯電話の普及に押されて姿を消しつつあったポケベル技術の応用としてポケベルの持っていたプッシュ配信技術をメールに使ったということです。その後携帯電話機能が取り込まれビジネスシーンに不可欠なWordやExcel、PowerPoint閲覧、カレンダー同期等の多機能化がはかられてきたのです。

プッシュ・メイルとは、携帯の電源が入っているだけで、メールを自動的に受信する機能です。しくみを少し説明すると、BlackBerry用のメールサーバから、各々が持っているメールサーバにメールを取りに行くアクションが行われ、メールが来ていた場合は、BlackBerryのサーバを通して自動的に携帯に配信されるのです。自分で受信を指示しなくても勝手にしてくれるため、電車の中や電波が入りづらい場所でもメール処理をしたい、超多忙ビジネスマンに適しています。

しかしこのBlackBerry、あまり日本人ビジネスマンには人気ではありません。標準設定では日本語を読み書きすることが出来ないからです。会社のサーバの中にBlackBerry機能を組み込むシステムを導入している会社の場合は、サーバ内で日本語解読機能を動作させることにより日本語メールを読めるようにできる場合もあります。しかし、それでも通常日本語を書くことは出来ません。日本企業にとって、日本語メールは必須ですから、日本語が読めなければ、高額なBlackBerryを持っている意味が半減するため、人気がないのです

とはいえ、日本の携帯のようにメールの送受信が簡単に出来れば、さらに日本語メールが読み書きできたら本当に便利だなあと…思いませんか?重いPCを持ち歩く必要もなく、ネットカフェを利用することもなく、携帯で全てのメールがチェックできれば、ビジネスを止めずに済むのです。

そんな方に朗報があります!小さなキーボードがついたタイプのモデルや、メールアカウント機能のある小さな携帯も含め、最近のNOKIA製の携帯のほとんどのモデルでは日本語表示ソフトを導入することにより日本語が読み書きできるのです。日本語は標準機能ではありませんので弊社など携帯に詳しいプロがソフトを入れることにより、日本語読み書きが可能になるのです。

しかし、NOKIAの携帯には「BlackBerry」(プッシュメール受信機能)機能がありません。(いくつかのビジネスモデルは使用可)毎回自分で送受信を指示する必要があります。(定期自動受信設定できるモデル有り)これがBlackBerryとの大きな違いです。

今後携帯はどんどん「小さなPC」と化してゆくでしょう。必要な機能を自分で選択して携帯を選ぶことで、日本同様ビジネスやコミュニケーションの強力なサポーターになってゆきます。日本語携帯についてご興味のある方はぜひita-netに一度ご相談ください。
黒パソです。日本への一時帰国から帰ってきたばかりです。お正月に帰国できなかったため、10日間休暇を取り、家族と一緒に里帰りしてきました。

楽しみにしていた帰国だったのですが、出発前々日に4歳の娘が風邪をひき、高熱を出してしまいました!心配しながらも抱っこして飛行機に乗せました。娘にとっては長い苦しいフライトになってしまい、見ているのが辛かったです(泣)

やっと着いた実家の宮崎では、ゆっくりした時間を楽しみました。家族で霧島温泉に行き、のんびり温泉に…と言いたいところですが、娘はお風呂にも入れず。でも、霧島神宮に皆でお参りし、家内安全を祈り、商売繁盛・事業繁栄のお守りを買ってきました。義母が「水晶は悪い気を払ってくれるのよ」と、私だけに水晶と翡翠のついたブレスレットを買ってくれました。温泉旅行の後には娘も回復。仙台から取り寄せたカニをニコニコ顔でほおばるほど元気になってくれてほっとしました。

家族だけでゆっくり過ごした里帰り。そんな時間があるからこそ、またロンドンで頑張るぞ!という気持ちになれるんだな、と実感した10日間でした。遅いお正月を追え、心機一転、2008年黒パソは頑張ります!

ところで娘の風邪は完治したのですが、今は私が風邪を引いています。年末年始に風邪が大流行したそうですが、私は今頃…。この辺も、1ヶ月半遅れのお正月ですね。
ita-netの黒澤です。
大事に至らなかった風邪。なんといっても○○シップ・MAXのおかげ。やっぱり「おかしいぞ」と思ったら早めの対処がいちばん。パソコンも同じですね。
ita-netの白浜です。
パソコンは生き物です、といったら皆さん信じますか?試しに「今日もありがとう」と言ってみてください。明日もきっと元気に動いてくれるはずです。それでもご機嫌斜めな場合には一度ご連絡ください。
ita-netの二宮です。
パソコンに何か問題が起きた時、まずは迷わずすぐにお問い合わせください。早めの処置が肝心です。
ita-netの樋口です。
電話での応対をさせていただいております。皆様のお悩み・ご相談に親身になれるような対応を心がけております!皆様からのご連絡をお待ちしております。
ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:00
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.