2009年2月24日号 Vol.14
毎月1回発行
ita-netの黒澤です。まだまだ寒い日が続いていますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?日本の新年度は4月からですので、3月末での日本への帰国辞令が出た方、またロンドンへの転勤が決まった方も多いと思います。近所への引越しでも大変ですから、国をまたいでの引越しは本当に大変です。この時期、ロンドンでのネットや携帯電話環境を心配なさる方からの問い合わせが弊社に数多く寄せられます。メール、インターネット、携帯電話は遠くにいる家族や友人とのコンタクトを保つための大事な手段ですから、ロンドンに来てすぐに使いたい!と思うのは当然です。ただ、お国が違えば環境もインフラも異なります。ロンドンへの転居が決まったけれどネットや携帯環境が心配…というお知り合いの方がいらしたら、ぜひita-netの事をお伝えください。いち早く不安を取り除くお手伝いをさせていただきます。ロンドンでの新生活を目前になさっている方の味方となれるita-netでありたいと思っております。
ケーブルにさよなら
Logitech V450 Nano
コードレス・レーザー・マウス (Black) - ノートブック用

£34 (VAT込み)

今月のおすすめ商品です。
スタッフ(今のところ)一押しマウスです。

マウスやトラックボール、キーボード、webカメラにおいて世界のリーディングカンパニー「Logitech」(ロジテック*)をご存知でしょうか?Logitech International S.A.は、1981年、スイスで設立したコンピュータ周辺機器メーカーで、スイス証券取引所(SWX:LOGN)とNASDAQ Global Select Market(LOGI)に上場しており、「Logitech V450 Nano」 は、多くのPCユーザーが最良のワイヤレス・マウスとして評価する商品です。

*日本のロジテック株式会社と混同されやすいため(無関係)、日本では「ロジクール」という名称を使用。

マウスのケーブルを邪魔に思っている方やパソコンのUSBポートを他の用途のためにあけておきたい方の中には、最近話題の「Bluetoothマウス」を検討している方も多いことでしょう。しかし、実際のところ、Bluetoothマウス製品の購入選択肢が狭いこと、また、面倒な設定を伴ったり、作業においては動作やトラッキングが安定せず使いづらい、反応が遅いなどの声が多く、まだまだ開発が待たれるといった感があります。

そこで、今月は、2008年9月に発売開始となった世界最小のUSBレシーバーを採用したV450 Nanoコートレス・レーザー・マウスをご紹介します。

一般的なUSBレシーバーはスティックタイプですから、USBポートに挿したまま移動するなどということはできませんが、V450 Nanoのレシーバーは、コインほどのコンパクトサイズのため、常に挿したままにもでき、もちろん、USBポートからUSBレシーバーを外した時には、マウス内部に収納が可能です。

通常の光学式マウスよりも優れた性能を発揮するレーザーセンサーを採用し、素材に関わらずスムーズにカーソルをコントロールできます(鏡やガラスの上では動作しません)。最大10mの操作距離を持つことが可能なマウスとUSBレシーバーの通信により、ソファーに横になってパソコンでDVD鑑賞、またはプレゼンテーションを行うという方に、便利かもしれません。

マウスは電池式ですが、省電力設計になっているので、最大12ヶ月の電池寿命が考えられ、on/offのスイッチ以外に、USBレシーバーを収納時にはマウスの電源が自動的に切れる仕組みになっています。また、急な電池切れの心配を解消する電池残量インジケーターも備えています。

電池が入っている分、マウスが重いのでは?と思うかもしれませんが、その幾分かの重みが、マウス操作を実感させてくれるといえます。

Logitech V450 Nano Cordless Laser Mouse (Black) for Notebooks 詳細仕様

マウス本体サイズ(幅×奥行×高さ): 60 x 102 x 38 mm
マウス重量: 70g (バッテリー除く)、118g (バッテリー含む)
レシーバーサイズ(幅×奥行×高さ): 14.4 x 18.7 x 6.1 mm
レシーバー重量: 2g
センサー方式: 不可視レーザー
解像度: 800dpi
ボタン数: 3 + チルトホイール
ホイール数: 1
使用電池: 単3電池2本 (2 AA batteries)
電池使用時間: 最大12ヶ月(使用環境によって異なります)
操作距離: 最大10m(使用環境によって異なります)
無線方式: アドバンス2.4GHzワイヤレステクノロジー
付属ソフトウェア: なし(Logicoolウェブサイトからダウンロード)
対応OS: Windows XP、Windows Vista、Mac OS X 10.3.9以降
接続: USB(1.1/2.0)

パッケージ内容
・V450 Nano マウス本体
・2.4GHz ナノレシーバー
・ユーザーズガイド(英語版)
・単3形乾電池×2
・デスクトップ USB 延長スタンド
最近頃ちまたで、(日本でもイギリスでも)‘Windows Mobile’という表現を耳にします。Windowsといえばパソコンと連想してしまうのですが、「Windowsケータイって何のことですか?」
<マイクロソフト社のOS(‘Windows Mobile’)を採用した携帯電話機器の総称です>

‘Windows Mobile’とは、マイクロソフト社が提供している携帯電話機器向けのオペレーティングシステム(OS)の名称で、携帯電話のようなモバイル機器製品にあらかじめ組み込まれた形で販売されています。そこで、マイクロソフト社のOS(‘Windows Mobile’)を採用した携帯電話機器が総称で‘Windows Mobile’と呼ばれています。

その歴史は10年も前から始まっていますが、実際に注目されだしたのはここ1年ほどのことになり、近頃はWindows Mobileを搭載したスマートフォンが多数登場しています。現在では、世界の5大携帯電話機器メーカーのうち4社(Sony Ericson, LG, Samsung, Motorola)がWindows Mobileを搭載した端末を出しているほど、Windowsの魅力を搭載した携帯電話製品として支持を受けています。

代表例として、サムソン「オムニア(Omunia)」(写真右の左)や hTc「タッチ・ダイヤモンド(Touch Diamond)」(写真右の右)あたりをご存知の方も多いのではないでしょうか?

Windows Mobile搭載の携帯電話機器では、Office Mobileなどのソフトウェアを利用することができます(パソコンでいうところの「Microsoft Office」みたいなものです)。「Word Mobile」や「Excel Mobile」を使用したドキュメントの作成や閲覧、「Outlook Mobile」を利用したEメール、Webブラウザの「Internet Explorer」を用いたWebサイトの閲覧、「Windows Media Player」を用いたマルチメディアの再生などが可能です。また、無線LANやBluetoothなどの様々な方法によってネットワークに接続することが可能で、ネットワークを通じてExchange Serverやご自分のPCのOutlookと連携し、情報を同期することもできます。

従って、マイクロソフト社は、「Windows Mobileは、ポケットに入れて持ち運びができる最小最軽量のWindowsです」と謳っており、当初は「Pocket PC」と名付けられたほどです。

2009年2月16日に開催されたMobile World Congressにて、Windows Mobileの最新OS「Windows Mobile 6.5」が発表され、今年後期にはモトローラーから6.5搭載第一号が発売予定です(現在はWindows Mobile 6.1が最も新しいバージョン)。

そこで、今、購入を考えている方への参考としてWindows Mobile 6.1に関してですが、Windows Mobile 6.1には3つのエディションがあり、「Windows Mobile 6.1 Professional Edition」は、データ通信(キーボードを使って文字を打ちEメールといったデータ通信)に重きを置き、タッチパネルをサポートしたスマートフォン向けのエディション。「Windows Mobile 6.1 Standard Edition」は音声通話中心でタッチスクリーンを必要としないスマートフォン向けで、「Windows Mobile 6.1 Classic Edition」は、電話機能を持たないPDA向け非接続型でタッチスクリーンを搭載する携帯端末向け製品用となっています。

← Windows Mobile 6.1 Professional Edition搭載のhTc「Touch Pro」
(タッチパネルとキーボードの両方を有するスマートフォン)

パソコンWindowsとモバイルWindowsでは確かに違いはあるものの、デスクトップバージョンのWindowsと似た設計がされています。機会がありましたら、是非、触ってみてください。「お〜!Windowsだ!」と衝撃をうけるはずです。
※ita-netでは、Eメールでの日本語入力や日本語ウェブサイトの閲覧が可能なWindows Mobileの販売も承っております。
久々の黒パソ登場!です。
一年ぶりに「Farringdonより」への登場となる黒パソです。

「有り難い」から「ありがとう」ってついつい忘れてしまいがち。近くにあればあるほどそうだってのだから、これはちと厄介ですけれど。

皆それぞれ、その時々によって「ありがたい」って思うことはいろいろあるのでしょうが、たまにはよくよく考えてみるのもいいかもしれません。

なにがありがたいかって?

そうですね、仕事、お金、家族、友達、仲間?うーん、どれもみんな大切でありがたいもの。

服、靴、布団、家?テレビ、(携帯)電話、パソコン?くるま、電車、バス、船、飛行機?どれもないと困るなぁ。

食べ物、水、空気なんてのもありますね。立っていられる大地?そう地球だな。なければとんでもないことだ。

上記のように、「あって当たり前」と思っているものがなかったらどうなるだろう?あるとどうしてありがたいのだろう?というふうに上記の一つ一つについて考えてみるだけでもその有り難さがわかりますね。まだまだもっともっとそれはありますね。

そうそう、そうやって考えていくとだんだんと近くなってきませんか?いちばん有り難いものに。
さて、それでは「あなたにとってこの世でいちばん有り難いのは?」

という問いにあなたならなんと答えますか?
ita-netの黒澤です。
先日の「大雪」皆さんに大きな影響はありませんでしたでしょうか。あんな大雪にも拘わらずita-netのスタッフは全員遅刻もせずニコニコ元気に出社してきました。ある統計によると2月の第1月曜日というのはここ英国における「病欠者」がいちばん多い日なのだそうです。一転今年の2月2日は病欠者がほとんど出なかったのではないでしょうか。皆の願いが天に届いた?元気でいられる幸せに今日も感謝しながら。
ita-netの白浜です。
パソコンは生き物です、といったら皆さん信じますか?試しに「今日もありがとう」と言ってみてください。明日もきっと元気に動いてくれるはずです。それでもご機嫌斜めな場合には一度ご連絡ください。
ita-netの二宮です。
パソコンが好きでこの仕事に没頭している日々です。お客様から勉強させられる事も多いですがこれからも精一杯、技術を高めてお客様の役に立ちたいと思います。
ita-netの樋口です。
電話での応対をさせていただいております。皆様のお悩み・ご相談に親身になれるような対応を心がけております!皆様からのご連絡をお待ちしております。
ita-netの鈴木です。
(モバイル担当)
目まぐるしい世の中の変化に“10年ひと昔”という言葉が懐かしくなりました。モバイルは先月のことが“ひと昔”。付いていけないぞ!という時はお気軽にご相談ください。
ita-netの
ウィリアムズです。

(モバイル担当)
Pushing Up DaisiesというTV番組知っていますか?僕もモバイルなら復活させることが出来ます!皆様に最良の商品をご提供できるよう日々研鑽を重ねています。何でもお尋ね下さい。
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:0

ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
ita-net MailMagazineの「バックナンバー」をご覧いただくには、こちらをクリックして下さい。
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.