2009年1月27日号 Vol.13
毎月1回発行
ita-netの黒澤です。新しい年が始まって約1か月たちました。皆様、いかがお過ごしですか?クリスマスからお正月にかけてのんびり気分も満喫しましたが、休み明け、実家や旅行から帰ってきたあとのスタッフからのお土産話も楽しく、今年も笑顔で仕事始めとなりました。下記のパソコンQ&Aにもありますが、年末年始、パソコンが壊れたり、不具合が出たりのトラブルに見舞われた方がたくさんいらしたようです。休み明け、たくさんの方が弊社に駆け込まれました。今日のニュースも、日本との「あけましておめでとう」のやりとりも、テレビ番組の物色も、セール情報も、ネット経由で行っている方が多い現在、テレビ以上に依存率は高くなっているはずです。そのパソコンがお休み中に壊れたら・・・大変だったことと思います。今年もita-net一同、皆様の大事なパソコンを支えているこの仕事に誇りを持ち、そして「パソコンに愛情をかけてあげてくださいね」というメッセージを伝えていきたいと思います。2009年もどうぞよろしくお願いいたします。
手軽に持ち運べる小型・軽量ボディ
ミニノートパソコン「DELL Inspiron™ Mini 9」(8.9インチ液晶ディスプレイ)
1台限定特別販売価格 £345 +VAT (2008年冬価格:£499 +VAT)

今月のおすすめ商品です。

「いつでも、どこでも、“インターネット”が楽しみたい」というニーズに応えて開発された、
Dell初のミニノートパソコン「Dell Inspiron Mini 9」。


ノートブック市場への本格参入を果たすためDELL が放ったInspiron Mini 9の特徴とは?:

重量1.035kg、サイズ232(W)×172(D)×27.2(H, 最厚部31.7)mmのコンパクトなボディに加え、最新の低消費電力プロセッサー「インテル® Atom™ N27」※1や1024×600解像度の8.9型ワイド液晶ディスプレイ、耐久性の高いSSD(ソリッドステートドライブ)※2、無線LAN機能(ウェブサイトの閲覧はもちろん、Eメールの送受信も快適に行える)を搭載。OSはWindows® XP Home Edition正規版(日本語版)。

※1 3時間40分の標準バッテリ駆動時間を実現
※2 ハードディスクに代わるSSDの搭載により、駆動系のトラブルを大幅に低減

白パソからのメッセージ:
あくまでセカンドPCとして、ネットを手軽に持ち運びたい人には お薦め。でももし、あなたの手が「ドラえもん」のような指であったなら、 ミニパソコンゆえに、キーボード操作が難しいかも?!






OS:
Windows XP Home Edition JP
CPU: Atom N270(1.6GHz)
メモリ: 1GB 533MHz DDR2 SDRAM
ハードディスクドライブ: 8GB SSD(最大16GB)
液晶: 8.9型ワイド(1024×600)
キーボード: 英語配列 (キーピッチ:17mm)
バッテリ: 駆動時間 約3.6時間
ポート: USB 2.0 x3、 イーサネットポート(10BASE-T/100BASE-TX, RJ-45)、VGAポート(15pin)、オーディオジャック (Line-out x1, Mic-in x1)、5-in-1 メディアカードリーダ(SD/SDHC/MMC/MS/MS Pro)、ACアダプタコネクタ ※DVD/CDドライブ非搭載
ワイヤレス: 802.11b/g 内蔵ワイヤレスLANモジュール [オプション] 内蔵Bluetoothモジュール (V2.1+EDR)
メモリーカード: メモリースティックDuo、メモリースティックPRO、SDHCカード、SDカード、マルチメディアカード
アプリケーション・ソフト: 本製品には、Microsoft® Officeは含ませておりません
最近ウィルスに感染し、大変なことになってしまいましたが、どうやってウィルス感染したのかわかりません。どんな対策方法がありますか?
<USBのメモリースティック経由でのウィルス感染にもご注意を>

皆様、今年最初のご挨拶となりました。遅ればせながら明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

さて皆様はどのように新しい年を迎えられたでしょうか。私は年明け早々息子を連れてA & E に行くことになりました。今年も色々ありそうな予感です。

色々と言えばMicrosoft からWindows 7 のβ版がリリースされました。現在、使用されているWindows Vista の後継版です。残念ながらこのVista、評判がすこぶる悪くまるでどこかの国の首相のように短命に終わりそうです。そのため現在でもXPを使われる方が多く、次の買い替え時期をいつにしたら良いか?とよく尋ねられます。出来ればWindows 7まで待たれた方がいいかも知れません。

今回、Window 7のβ版を使われた方の感想を読んでいると中々どうして使い勝手が良くなったようです。そうは言ってもMicrosoft が新しい製品を発表して安定するまでに半年から1年はかかりますので、やはり現行のXPにがんばってもらうほかありません。

今あるパソコンとなるべく長く付合ってほしいita-net としましては、出来る限りの提案を行っていきたいと思っております。

さて今日はちょっとしたウィルスのお話です。年末年始になりますとウィルスに感染する方が大幅に増えます。どさくさにまぎれて色々なウィルスが出回るのですが、最近の傾向としましてUSBのメモリースティック(図右)からの感染が増えているようです。「まさか」と思った私ですが、実際我々のお客様でもUSBのメモリースティックが原因で感染したケースが何件も報告されています。 基本的にはウィルスソフトやWindows のアップデートをする事でウィルスの感染は防げるのですが、それをされていない方が被害に遭われているようです。

昔はインターネットもしない、かつ特に文章の作成にパソコンを使われる方は殆どと言ってもいいくらいウィルスに感染しないものでした。そのためウィルスソフトも入れる必要はなかったのですが、最近はそうはいきません。 それはUSBのメモリーフラッシュでデータの受け渡しに使われるケースが増えているためです。

うっかりウィルスの付いているファイルをコピーし、ご自身のPCで見た際、何もウィルス対策をしていないとパソコンがうまく起動しなくなったり、情報の漏えいにあったりとかなり深刻な状況に陥ります。

また別のケースですが、我々のお客様で以下のようなウィルスの感染がありました。宅配業者に荷物を依頼した後に確認のメールが来たため開けたところ、パソコンがうまく起動しなくなりました。よくよく聞いてみますとどうやら添付しているファイルを開けられたそうです。

そうこうしているうちに私にも似たメールが届いたため、思わず「これか!」と喜んでしまいました。よく読むとあなたの荷物を預かっているのですが、延滞料を払わないと再度配達できないとのことでした。同じように添付ファイルがありましたが荷物が届くあてもないので無視することにしました。日本でも振り込め詐欺のように分かっていても被害にあってしまうようですね。

パソコンの場合ももし不審なものを感じたらまず一呼吸おいて不用意にファイルを開けたりしないようにしてください。誰かに確認してもらうのも一つの手ですね。

基本的にはウィルスソフトのアップデートがされていれば恐れることはありません。但し、それでもご不安な方のために以下の方法でスキャンをする方法があります。(Norton Internet Security 2009 の場合)

1) まずデスクトップ上にあるNorton のアイコンをダブルクリックします。  もしくはプログラムの中から選んで頂いても結構です。そうしますと以下の画面が出てくるかと思います。 ↓図1


2)図1のブルーのラインに「タスクとスキャン」という項目は見えますか?そのすぐ下にある「スキャンを実行」をクリックします。

3)今度は次の画面が現れてきます。↓図2


そこで「カスタムスキャン」を選択します。(図2)

4)そうしますと更に3つの選択肢が出てきますのでもしメモリースティックをスキャンするのであれば「ドライブをスキャン」(図3)を選びメモリースティックが挿入されているドライブにティックを入れます(図4)

↓ 図3


↓図4


5)あとは「スキャン」をクリックして終了するまで待ちます。

もし万が一感染が確認されましたら、当然心当たりのあるパソコンも感染している可能性も高いで、そのパソコンのウィルススキャンをされることをお勧めいたします。

パソコンは使えなくなって初めてありがたみが分かるものです。仮にウィルスに感染したとしましても備えあれば憂いなしです。そうです、普段からまめにアップデートとデータのバックアップそれとちょっとした愛情と感謝があれば、ご主人様を元気にサポートしてくれるはずです。

今年1年、皆様のパソコン生活が快適でありますように。

                                              ita-net スタッフ一同
電話対応でお世話になっている樋口です。イギリスに初めて来たときの事を思い出して書きました。
<縁あってイギリス>
Farringdon駅というと、地下鉄のMetropolitan Line、Circle Line、Hammersmith&City Lineの他にThameslinkというナショナルレイルが走っていることをご存じの方も多いことと思います。

もう何年もの前の話になりますが、私が初めてイギリスに滞在したのは、そのThameslink でFarrington駅から急行で約25分のところにあるSt Albansという都市です。

St Albansは素晴らしい大聖堂があり、その他見どころもたくさんあるのですが、私の目的は、英語の勉強を兼ねイギリス人女性のお宅に半年間ホームステイすることでした。初めての海外生活ということで苦労は多々ありましたが、一番の壁はやはり言葉の問題でした。日本で何年も英語の勉強をしていたにも関わらず、相手の話していることが理解できない。また言いたいことがうまくでてこない。それでもホームシックにもかからず、滞在を十分満喫できたのは、私の英語を忍耐強く聞いてくれ、いつも私を理解しようと努めてくれたホストマザーのおかげでした。彼女からは英語だけではなく、イギリスの歴史から文化や料理、さらには彼女おススメのTV番組まで教えてもらったのを覚えています。

その後英語の上達具合はまあまあ、といったところで日本に戻ったわけですが、縁あって再びこうしてイギリスに戻ってくることになりました。こちらで出会った方々とのご縁をこれからも大切にしていこうと強く感じています。

ita-netの黒澤です。
遅れ馳せながら2009年もどうかよろしくお願いいたします。近日中に自宅の引っ越しをするため荷物の整理をしはじめたところ、出てくる出てくる「要らない」モノが。パソコンの中も同じような状態になっているのは間違いありません。不要なデータは消去、うーん、なんとも言えないというデータや古い画像などは外部記録装置に移してしまう等するのがいいですね。気分もスッキリします。2009年も快適なパソコンライフを送りましょう。
ita-netの白浜です。
パソコンは生き物です、といったら皆さん信じますか?試しに「今日もありがとう」と言ってみてください。明日もきっと元気に動いてくれるはずです。それでもご機嫌斜めな場合には一度ご連絡ください。
ita-netの二宮です。
パソコンが好きでこの仕事に没頭している日々です。お客様から勉強させられる事も多いですがこれからも精一杯、技術を高めてお客様の役に立ちたいと思います。
ita-netの樋口です。
電話での応対をさせていただいております。皆様のお悩み・ご相談に親身になれるような対応を心がけております!皆様からのご連絡をお待ちしております。
ita-netの鈴木です。
(モバイル担当)
目まぐるしい世の中の変化に“10年ひと昔”という言葉が懐かしくなりました。モバイルは先月のことが“ひと昔”。付いていけないぞ!という時はお気軽にご相談ください。
ita-netの
ウィリアムズです。

(モバイル担当)
Pushing Up DaisiesというTV番組知っていますか?僕もモバイルなら復活させることが出来ます!皆様に最良の商品をご提供できるよう日々研鑽を重ねています。何でもお尋ね下さい。
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:0

ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
ita-net MailMagazineの「バックナンバー」をご覧いただくには、こちらをクリックして下さい。
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.