2008年10月21日号 Vol.10
毎月1回発行
秋も深まり、冬の足音が聞こえるこの頃。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?時が移り変わると共に、ITやモバイルの状況はどんどん変わり、お客様からのお問い合わせも変化してゆきます。最近特に多いのは、自宅に固定電話線(ランドライン)を持たない方からのお問い合わせです。ほぼすべての通話は携帯で済ませているので、自宅の 固定電話は使う機会がない。スカイプなど、ネット上で通話ができるサービスを利用している方も多いので、固定電話のコストは掛けず、でもインターネットは死守したい、というお問い合わせです。フラットシェアをしているので、自分で固定電話を引くことができない、といった学生さんからもよくお電話いただきます。インターネットがない生活、というのが考えられない方が多くなり、逆に固定電話よりも携帯電話に便利さを感じる方が増えている。つまり「モバイル」通信が今の時代に合っているのでしょう。今後また固定電話の需要が上がったりと、世の中は変化してゆくと思いますが、ita-netではその時々、お客様のニーズにお応えするサービスをいち早く取り入れていきます。皆様からのお電話やメールがそのカギですので、パソコンやモバイルで分からないこと、困ったことがありましたら、いつでもお気軽にお電話ください!
メルマガ限定「モバイル・ブロードバンドモデム大特価
人気急上昇中のスティックモデルを3Mobile直営店よりも安く!(4台限定)
今月のおすすめ商品です。
「3 Pay As You Goモバイル・ブロードバンドモデム E169G」
£69.99(VAT込)
限定4台、お急ぎください!

3直営店
£79.99
(本体価格£68.08+VAT)
ita-net
£69.99
(本体価格£59.57+VAT)

<モバイル・ブロードバンドモデムの便利な点>
1. On the Move
携帯の電波が届く所なら、ご家庭 家、カフェ、公園、どこででもインターネットにアクセス可能!場所に縛られる必要がありません。

2. Great Value
使用料金は格安月々£10から!しかもPay As You Goタイプなので最低契約期間が無いだけでなく、BTラインも不必要

3. Plug & Play
パソコンにさすだけで自動セットアップ。もちろん必要に応じてita-netならではの安心日本語サポートをいたします。

4. 90% Coverage
UK住民の90%がサービスエリア内。ご購入前にご自宅で試して頂くことも可能です。

使ってみると即実感できる便利さで人気の商品です。
電話線を持たない学生さんや、外でネットアクセスが必要なビジネスマンに人気です。ぜひこの機会にお試しください!

新しいパソコンを買おうと思うのですが、どのメーカーが良いのか?何を基準に買ったらいいのか、皆目見当がつきません。お勧めのパソコンなど、新規購入に際してのアドバイスをいただけますか?(ロンドンで働く30代より)
<パソコン選びのコツについて>

よくお客様から次のような質問を頂きます。「次にパソコンを買う時にお勧めのものはありますか?」「PCを買う時に注意することはありますか?」

皆様もパソコンを買われる時に色々と悩まれるようです。私がもし買うとしましたら次の基準でパソコンを選びます。
1)値段はそこそこで良い性能。(£300−£450、ある程度さくさく動いてくれるとうれしい)
2)サポートがしっかりしているメーカー。
3)あまりソフトがインストールされていない。パソコンで必要なソフトは Word とExcelくらい。あとはワイヤレスでインターネットがしたい。

(話が飛びますが最近、Open Office という無料のソフトがはやっています。こちらは定番のMicrosoft Office のソフトがなくてもWordやExcelに似た機能を使うことができます。ご興味の方は以下のサイトをご覧ください)
http://wiki.services.openoffice.org/wiki/Ja.openoffice.org/documentation/start

4)デザインや色はこだわらない。

というところでしょうか。

一昔前までは「あのタレントが出ているPC」や「あのキャラクター、かわいいよね」などの外部的な要素で買われていましたが、パソコンがこれほど普及し現在で2台目という方やお一人で2台お持ちの方からの見方が変わって来ているのも事実です。一言で言えば皆様の「目が肥えてきた」という事ですね。またインターネット等の普及でパソコンやメーカーの評価も一目瞭然となりました。逆に言えば情報に振り回されてどのパソコンを買ったらいいかわからない、という結果にもつながっています。

そこで皆さんよりちょっとだけパソコンの知識がある我々がお勧め出来るPCはどのようなものか?ということを、質問形式でお話をさせて頂きます。

Q)「高いパソコンほど性能がいいのでしょうか?」

A)「その通りです」とお答えしておきます。
やはり開発コストもそれなりでしょうし、素材や耐久性のテスト等時間と手間をかけていますから、同じ型の安い製品と比べてみると格段の違いがあります。

だからといって壊れにくいかというとそうではありません。同じ性能であれば中に入っている機械は殆ど大差ありません。ではどこで差をつけるかと言いますと、壊れにくい造りであったりインストールされているソフトであったりと、ここがメーカーの腕の見せ所となります。

ちなみにソフトがたくさん入っているパソコンがありますが、これはあまりお勧めで来ません。殆ど使わないばかりかパソコンの起動を遅くし、無駄に容量を取るからです。

ここで参考までにパソコンが壊れる共通点を挙げておきます。

1)ハードディスク(データが溜まる機器です)
3−4年にかけて交換するケースが増えています。突然壊れるケースもありますのでまだデータのバックアップをされていない方はなるべく早めに行うようにして下さい。異音やパソコンの起動が遅くなった場合は要注意です。

2)DVD ドライブ
最近、DVDやCDの読み込みが悪くなったという経験はありませんか?DVDやCDが劣化するケースもありますがドライブ本体が壊れるケースも増えて来ています。

3)液晶画面
画面がきちんと表示されず、薄くぼやけたり縦に線が入る等のケースがあります。この場合はメーカーに修理を依頼するしかありません。

Q)「買ってはいけないパソコンはありますか?」
A)「残念ながらあります」
この前我々の会社に修理にいらしたエンジニアの方に色々伺ったのですが、やはり彼らも色々なメーカーを修理しているため「自分ならこのPCは買わない」というのがあるそうです。

我々も部品を外して作業をする事が多いのですが、壊れにくいPCほど修理がしやすくシンプルな構造になっているのも事実です。

Q)「日本、イギリスどちらでパソコンを買ったらいいですか?」
A)「あと何年いらっしゃるかでアドバイスが変わってきます」
基本的にパソコンは壊れるものと認識して頂き、そう考えますと2年以上イギリスにいる場合は「こちらで買った方がいいですよ」とアドバイスをします。仮に1年で日本に帰られるのであれば「日本で買った方がいいですよ」とお伝えします。これは壊れた際にメーカーのサポートがきちんと受けられるかという観点からお話ししています。

多くの方が海外保証が受けられるという事で日本からお持ちになられますが、ほとんどの場合、日本に送ることになるため不便を感じているケースも多々あります。それであるならば現地のサポートを受けられるメーカーから買われる方がいいということになります。 もし可能であればメーカーの1年保証以外に2年間延長が出来る保証を別途購入される事をお勧めします。

ではどのようなメーカーがよくてどのメーカーのものは買ってはいけないのか?という具体的な話ですが、差し障りのない程度にお話しします。

まずお勧め出来るPCは:
ノートパソコンではToshiba UK(日本の東芝ではありません)やHP Compaq , Panasonic , Lenovo、デスクトップではDellやHP Compaq といったところでしょうか。

これらのPCに共通しているのはやはり造りがしっかりしている点。例えばキーボードのタッチの良さや壊れやすい部分がしっかり守られている、余計なソフトがインストールされていない、作りがシンプルなど挙げられます。

またサポートがしっかりしているというのも大切なポイントです。パソコンも車と同じで販売後にいくつか不具合の修正が出るものです。車のようにリコールという形はとりませんが各メーカーのホームページ上で修正箇所を発表しています。まめに更新をしているメーカーがいいメーカーと言えるかもしれません。

参考までにご紹介しておきますと個人仕様の他にビジネス仕様のパソコンもあります。
一般に個人の方が好む遊びのソフトは入っていませんが、逆にしっかり作られていて壊れにくいのも特徴です。

特筆すべきはサポートの充実です。例えば上記のほとんどのメーカーがCollect & Return の形式を取っており自分の場所まで取りに来てくれ、また修理が終わると届けに来てくれます。特にビジネス仕様として明確に分けているメーカーは少ないかもしれませんが、もし選択肢があるのであればそちらを選んでみるのも一つの手かもしれません。とてもイギリスにいるとは思えない感動のサービスが受けられるかもしれません。

ではお勧め出来ないPCは?というと、それ以外のもの、と言う訳ではありません。それなりに長所や欠点があるのですが、参考までに我々がどのような基準でパソコンを選ぶかといいますと:
1)お客様に喜んで頂けるもの。(機能性・価格に見合ったもの)
2)我々が安心してお届け出来るもの・壊れにくいもの。
これはメーカーでしか手に入らない部品や我々では修理できないものをメーカーにお願いして直してもらいます。そのパートナーとして信頼が置けるかということが大事なポイントになります。

もし購入時にご不安なようでしたら一度ご連絡ください。お電話でこっそり「そのパソコンは・・・」とアドバイスができるかもしれません。

最後に最近、ふと「面白いな」と感じる事がありました。
パソコンも人を選ぶのかという話です。ある会社さんで前任者が使われていた時は色々と問題があったのですが、後任者の方が赴任されてからは何も問題が起こらないのです。もちろん同じ作業をしているのですがこうも使う人によって変わるものかと感心した次第です。

いつの日かパソコンが使用者のご機嫌を取り、必要なものを必要な時に提供する時代がくるのでしょうか?その必要の度合いはやはりパソコンに対する愛情と感謝の気持ちかもしれません。

もう1つの顔は手品師… Tim Williamsが隠れた素顔を語ります。
皆さんこんにちは。早くも二回目の書き込みとなります、モバイル担当のTimです。

数か月前の自己紹介でも書きましたが、僕には手品と言う特技があります。去年の夏はコベントガーデンなどで手品ショーをしましたし、今でも週末はコベントガーデンの手品師たちと時間を過ごして、アイディアの交換をしています。

手品と言うのは、上手なら人気が出る、売れっ子になれる、という訳では決してありません。必要なのはショーマンシップ、自信、そしてマーケティングです。大道芸でも自信を持ってキャラクターに成りきるパフォーマーと、恥ずかしそうに演じているパフォーマーとでは観客の人数が大きく異なります。

ですが、観客に認められたから手品界でも認められる訳ではありません。手品界で認められるにはオリジナルティーが必要です。ほとんど誰も聞いたことがない無名の手品クリエーター達が手品界では一番尊敬されている人たちだったりします。

市場と手品界、両方に認められるには、手品の腕を磨くだけでなく、パフォーマーとしての腕をあげ、また自分を知り、自分に合った手品をクリエイトする必要があるのです。

コベントガーデンの多くの手品師たちは腕を磨くべく修行として大道芸をしています。週末に街に出かけることがありましたら是非ともコベントガーデンによって、一生懸命修行をしている大道芸人のショーを見てやって下さい。そして、「頑張っているな」と思ったら最後に2〜3ポンド彼らの帽子に入れてあげて下さい。

ita-netの黒澤です。
いよいよクリスマスに向かってまっしぐらという季節になってきましたね。今年は早めに用意しようということで既にクリスマスカードの印刷も終わりました。周りでは「風邪をひいた」という方も出てきました。もうすぐ冬です。合わせて景気も一気に冬へ向かっています。「備え」を怠らない蟻さんを見習ってパソコンデータのバックアップも万全にしたいものです。
ita-netの白浜です。
パソコンは生き物です、といったら皆さん信じますか?試しに「今日もありがとう」と言ってみてください。明日もきっと元気に動いてくれるはずです。それでもご機嫌斜めな場合には一度ご連絡ください。
ita-netの二宮です。
パソコンが好きでこの仕事に没頭している日々です。お客様から勉強させられる事も多いですがこれからも精一杯、技術を高めてお客様の役に立ちたいと思います。
ita-netの樋口です。
電話での応対をさせていただいております。皆様のお悩み・ご相談に親身になれるような対応を心がけております!皆様からのご連絡をお待ちしております。
ita-netの鈴木です。
(モバイル担当)
目まぐるしい世の中の変化に“10年ひと昔”という言葉が懐かしくなりました。モバイルは先月のことが“ひと昔”。付いていけないぞ!という時はお気軽にご相談ください。
ita-netの
ウィリアムズです。

(モバイル担当)
Pushing Up DaisiesというTV番組知っていますか?僕もモバイルなら復活させることが出来ます!皆様に最良の商品をご提供できるよう日々研鑽を重ねています。何でもお尋ね下さい。
ita-net ltd.
37 Eyre Street Hill London EC1R 5ET
Tel: (020) 7713 - 0832
Fax: (020) 7278 - 4663
E-mail: info@ita-net.com
Mon-Fri 9:00-17:30 Sat 10:00-13:0

ita-netへの地図はこちら
電車、パスでいらっしゃる方はこちら
メールマガジン配信停止ご希望の方:mailmag@ita-net.comに「配信停止」と書いて送信下さい。
Q&Aへのご質問やリクエストは:info@ita-net.comへお寄せ下さい。
Copyright 2008 ita-net ltd.